美術教室にこどもが通うメリットとは?教室の探し方と合わせてご紹介!

美術教室にこどもを通わせたい!教室の種類・通うことのメリットとは?

美術教室にこどもを通わせる場合、どのような教室を選んだら良いのでしょうか。

日本にある習い事の中で、絵画教室をはじめとする美術教室は数多くあります。

絵画や造形など、アートが好きなお子さんをお持ちの方の中には、絵画教室に通わせることを考える人もいらっしゃることでしょう。

ただ、美術教室というのは絵画教室に限ったものではありません。

本記事では、美術教室の種類と教室に通うことのメリット、その選び方についてご紹介します。

美術教室の種類・どんなタイプがある?

美術教室の種類について、最初にご紹介します。

こどもが通う美術教室としてイメージしやすいのは”絵画教室”かもしれませんが、美術とは”絵画”のみを指す言葉ではないように、美術教室にもさまざまな種類があります。

大きく分けて、教室のタイプは以下の通りです。

・絵画教室…クレヨン画、水彩、油彩など
・造形教室…粘土、ペーパークラフトなど
・工作教室…木や金属を使った工作・陶芸作品など
・美術鑑賞教室(ワークショップ)…美術館等で定期的に開催される「美術作品のみかた」を教わる

最近はこれらが単体のサービスとして存在している例は少なく、複数のジャンルを併せ持っていることが多いことが特徴です(絵画造形教室、美術工芸教室など)。

美術教室に子どもを通わせるメリットとは?

美術教室にこどもを通わせること、そして絵画や立体表現を学ぶということには、どのようなメリットがあるのでしょうか。

たとえば、こどもが一つの作品を作る上では、”作業の工程や作品の完成像を想像する”ことが必須となります。

道具や素材の使い方など、創意工夫が必要となる場面も多いです。

こういった制作の場を経験すると、

・想像力・表現力が育まれる
・忍耐力がつく

といったメリットがあります。

そして、一つの作品を作り上げると自信がつき、自己肯定感が育まれていきます。

また、周りの先生や生徒が作ったものを目にすることで、自分の知らない技術や他の人の価値観・感性に触れるという経験を得られます。

人との対話などでコミュニケーションを図る以外の「人のアイデア・思考に触れる」といった経験は、こどもの成長に大きく影響を与えることでしょう。

美術教室の選び方とは?

美術教室を選び方について解説します。

美術教室は日本全国にたくさんありますので、「どの教室を選んだら良いの?」と悩んでしまう親御さんは少なくありません。

ここではこどもに最適な美術教室を選ぶための「選ぶポイント」についてご紹介します。

 

カリキュラムや雰囲気が子どもに適した教室であるか確認

まず、ご確認いただく必要があるのは美術教室の内容です。

美術教室と言っても、前述の通りさまざまな種類がございます。

こどもがどのタイプの美術教室に通う場合でも、習ったことが無駄になることはありません。

しかし、お子さんの好みに合わせて、美術教室に通うことが楽しい!と思わせてあげられれば、自然と美術教室での習い事を継続できることと思います。

「絵を描くことが好きな子は絵画教室」、「ペーパークラフトが好きな子は工作教室」など、お子さんが普段から興味を持っていることを元に美術教室に通うことをご提案してみるのはいかがでしょうか?

お子さんの興味が分からない…そんなときは

また、お子さんが何に興味を持っているか分からない…という場合、一番おすすめなのは絵画教室です。

絵を描くというのは紙と鉛筆一本で始められるカジュアルな行為であり、お勉強の合間に机の上でイメージを広げる〜など、教室で習ったことをご自宅でも簡単に実践できるという点が大きいです。

こどもにおすすめのアートスクール「スタジオパパパ」をご紹介!

こどもにおすすめのアート・美術教室として、当アートスクール「スタジオパパパ」がピッタリです!

スタジオパパパは芸大生によって作り出された、他にはない新しい形のアートスクールで東京都内3か所に展開しています。

こどもが楽しく通い、アートを学べる場に最適な美術教室、スタジオパパパをご紹介します!

オールジャンルにチャレンジ!スタジオパパパ

スタジオパパパの最大の特徴として、”カリキュラムが存在しない美術教室”という点が挙げられます。

教室で主に取り組めるジャンルは、以下の通りです。

・絵画…クレヨン画、水彩、アクリル画など
・造形…粘土、ペーパークラフト、彫刻など
・工作…木工作、DIY(家具づくりなど)

上記のジャンルの中から好きなものを選んで実践していただき、挑戦と失敗を繰り返す中で、「正解」がない問題に対して自分の考えを持ち、行動できる=自主性を育む事を一番の目標としています。

ジャンルに遮られることのない「やりたいこと」に挑戦していただく中で、柔軟な発想に基づいて行動し、未知の領域にも恐れずチャレンジする力を身につけてほしい…との考えから、スタジオパパパではこのようなスタイルで授業を提供しています。

自由な空間でのびのび制作ができる

また、スタジオパパパではこども一人一人が、”制約に縛られることなく自分自身を表現できる”環境を用意してございます。

壁も床も、天井でさえもお絵描きすることができ、教室に備わった100種類以上の道具・材料を元にした造形活動をすることができます!

このような施設の自由さ・充実の設備は、他の美術教室にはないことかと思います。

先生がアシストしてくれるから安心!

こどもたちの授業をアシストするのは、東京藝術大学をはじめとする美大に在籍している/卒業した先生たちです。

先生方は、こどもたちがトライアンドエラーを経てそれぞれの『答え』にたどり着くことを重視しているため、基本的にこどもたちに『答え』を教えることはしません。

こどもの生徒さんとお話しする中で、一人一人のやりたいこと・その日の目標をお伺いし、目的を実現するための様々なアイデアをご提案させていただいております。

例えば、こどもの生徒さんが「世界で一番かっこいい武器をつくりたい!」と目標設定した場合、
素材はどのようなものが良いか、自分は何がかっこいいと思うか?といったことをお伺いし、一人ひとりの目標にたどりつくために必要なアイデアをご提案するかたちで授業をさせていただいております。

こどものニーズにあわせたコースが魅力的

また、お子様のニーズに合わせてお過ごしいただけるよう、スタジオパパパでは様々な特色のあるコースをご用意しております。

ここで、スタジオパパパ・要町教室にあるコースを例にご紹介します。

●やりたい放題コース<小学生全学年対象>

やりたい放題コースは、文字通りこどもたちが自由に「やりたい」ことに取り組み、実現できるコースです。

スタッフがこどもたち一人ひとりとお話する中でやりたいこと、つくってみたいことをお伺いし、目標の達成に向けて全力でアシストします。

このコースでは、こどもの自由な意思や発送を尊重し、作品を制作する際に生じる様々な課題に挑んでいただきます。

「自ら目標達成に必要なことを考え、学びに向かう」ことをアート体験を通じて実現していただくコースです。

幅広い年齢層のお子様が集まるにぎやかなコースであり、絵の具遊びから木工作、段ボール工作、粘土細工まで様々なことをお楽しみいただけます!

●フリーカリキュラムコース<小学校5年生~大人対象>

また、こどもの生徒さんが通えるコースとして”フリーカリキュラムコース”もございます。
フリーカリキュラムコースは、小学校5年生以上を対象にしたコースであり、受験対策のために美術を学びたい中高生の方や、趣味で絵を描きたい大人の方など幅広い年齢層の方にご利用いただいています。

フリーカリキュラムコースはやりたい放題コースとは異なり、落ち着いた環境で再作に取り組みたいお子さんにおすすめのコースです。

イラストやデッサンの他、水彩画やアクリル画、粘土など、お子さんが初めて触れるような素材・道具でも、基本的な使い方からレクチャーさせていただきます。

お子様さんにとって、どのようなコースが適しているか分からない…といった方もご安心ください。

複数コースの体験が可能なので、お子様に最適なコースをお選びいただけます。お気軽にご参加ください!

また、コースの内容はスタジオパパパ各教室によって異なりますので、是非ホームページからご確認ください!

アートを通してこどもの成長をサポートします

今回は子どもが通う美術教室の種類、その選び方についてご紹介して来ましたが、いかがでしたでしょうか?

スタジオパパパはこども一人ひとりのやりたいことを通じて、生徒さんの心身の成長をサポートする美術教室です。

体験教室・見学は各教室いつでも受け付けておりますので、ご興味のある方はぜひ以下のリンクからご連絡ください!




Blog TOP