【美大予備校】高3からでも間に合う?合格に向けた受験対策をご紹介

美大予備校は高3からだと遅い?間に合う?

美大予備校に高3になってから通うことを検討している方もいるでしょう。

しかし高3から予備校に通っても間に合わないのではないかという心配もあると思います。

そもそも、美大進学への準備をするタイミングは、いつからが妥当でしょうか?

自分の将来を考えるタイミングは人それぞれの事と思いますが、高3になってから

「美術に関する勉強/仕事がしたい」

「美大に進みたい!」

という目標を見つける方もいるかもしれません。

実際に高3からの受験準備は遅いと言われることもありますが、実際はどうなのでしょうでしょうか?

本記事では、高校3年生から美術予備校に通うということ、美大進学について述べさせていただきます。

美大 予備校 高3から 絵を書いている様子

高3からの美大受験対策について

高3から美大受験の対策をするのは、難しいことのように思えるかもしれませんが、不可能ではありません。

高3からでも予備校に通うことは可能ですし、諦めることはありません。

ここからは高3からでも実践できる美大受験対策について述べさせていただきます。

 

指定校推薦枠が利用できる

始めに、指定校推薦枠についてお話しさせていただきます。

指定校推薦枠とは、大学側が定めた高校のみ出願できる推薦制度のことです。

指定校推薦の募集は学科や学部まで細かく決まっており、1学部につき1~3名程度となっている場合が多いです。

選考基準は評定平均(10段階~5段階の成績を全て5段階にして、平均にしたもの)によって定められ、まずは推薦希望者での校内選考があります。

また、大学によって最低基準が決まっていますので、あなたの高校にはどの大学の指定校推薦制度があるか、合格基準等含めて確認してみましょう。

 

集中して一つの物事に取り組める

「一つのことに集中して取り組める性格かどうか?」ということも重要になってきます。

デッサン課題でよく知られている美大受験では、短い時間の中でひとつの課題に取り組むだけの集中力が必要になってきます。

大学に進学してからも、作品を作り上げ、課題をクリアしていくために集中力は欠かせません。

美大を目指す多くの高校生は、早い段階からデッサンや着彩などの準備を進めています。

そういった人たち(またはずっと絵を描いてきた浪人生たち)と競り合って行かなければならないことを考えると、単に予備校に通うだけでなく集中して物事に取り組めるようになっておきましょう。

 

高3から美大を目指す!最初にやるべきこと

高3から美大を目指す際、最初に何をすればいいのか悩む方もいるのではないでしょうか。

ここからは、高校3年生から美大を目指すに当たって、まず最初にするべき具体的な準備についてご紹介します。

 

美術の先生に相談をしよう

予備校に通う前にまずは、高校の美術の先生に相談してみましょう。

美術の先生は、普段から「美術に取り組んでいるあなたを一番よく見ている」また、「あなたの作品をよく知っている」人の一人です。

今のあなたのレベルや伸ばした方が良い所など、端的に教えて下さると思います。

美術の先生とそういったお話をする中で、どの大学を目指すのがいいのか、そのためにどのような受験制度を利用すればいいのか教えてくださることでしょう。

 

興味の分野や、希望する科を明確にさせよう

自分の興味がある分野や、希望する科を明確にさせるのも大事です。

将来はどのようなことがしたいか、どのようなジャンルに携わっていきたいかまで深く考えてみて、それらが実現できる科を探してみましょう。

予備校でもそういったご相談をすることが可能です。

 

美大予備校でデッサンなど実技の対策をしよう

美大受験に合格するためには、美大予備校でデッサンなど、実技の対策を積むことが大切になってきます。

デザイン系、油彩・彫刻などのファイン系を受験するにあたって重視される点は、見たものをそのまま平面上に描き起こす「デッサン力」です。

表現力や想像力の重要性も問われてきますが、まずは予備校で基礎となるデッサン力から訓練し、表現の引き出しを増やしていくことが重要であると言えるでしょう。

美大 予備校 高3から みかんの絵

 

スタジオパパパは高校3年生からの受験対策も応援します!【予備校】

スタジオパパパは、高3から美大受験の対策ができるコースがある予備校で、受験対策もサポートさせていただいております!

高3から予備校に通うとなると不安なことも多いとは思いますが、ご安心ください。

 

芸大現役・卒、美大卒の講師陣がしっかりとサポート!

予備校で受験対策を教える先生は、現役芸大・美大生やその卒業生達です。

それぞれが受験で培ってきた受験のノウハウや最新の受験情報を元に、高3から美術を取り組み始めたとしても合格までしっかりサポートさせていただきます。

 

画材はスクールに完備!アドバイスもできます

また、実技対策をする上で必要な画材も、当予備校でご準備させていただいております。

デッサンに必要な鉛筆、水彩や油絵具まで豊富な種類があります。

どのような道具を使ったらいいのかよく分からないという方でも、当予備校では簡単に始めることができます。

実技の練習を積んでご自身のレベル・自分の足りないスキルや要素が分かってくるにつれ、ご自宅でも自主的に練習したくなることもあると思います。

その際にはこちらから必要な画材についてお教えしますので、是非お気軽にご相談いただければと思います。

美大 予備校 高3から りんごの絵

 

合格実績について

ここで、スタジオパパパの過去の合格実績についてご紹介させていただきます。

  • 東京都立総合芸術高校
  • 大泉桜高校
  • 自由の森学園
  • 武蔵野美術大学
  • 多摩美術大学
  • 女子美術大学
  • 東京都立大学

当予備校で美大に合格した方の中には、以前よりデッサン等の訓練をしてきた人もいれば、中にはあまり絵を描いてこなかった人もいました。

どんな挑戦も真摯に受け止め、全力でサポートさせていただきます!

 

高3からでも遅くない!スタジオパパパで美術大学合格を目指そう!

美大受験は、早い時期から準備をしたり、予備校に通っている人の方が有利であることは確かです。

しかし、高3から始めたところで、チャレンジが遅いと決まった訳ではありません。

今からやるべきことをスタジオパパパの先生達と一緒に探して、合格を目指していきましょう!

興味を持たれた方は、是非以下のURLからご連絡ください!




Blog TOP