【レポート】「油絵体験」クリエイティブシンキングコース2018/10/20


クリエイティブシンキングコースとは

クリエイティブシンキングコースとは、美術やアートの様々なジャンルを横断しながら、知識や技術よりも、発想力、想像力、アイディアの出し方や、型にはまらない思考力を鍛えることに特化したコースです。


今回の課題

今回の課題は、「油絵体験」でした!

水彩やアクリル絵具と同じく、とてもポピュラーな油絵を、今回は好きな支持体(キャンバスになる板)を選び、自由に描きます。みなさんは油絵を使って描くのは初めてとのことで、スタッフも気合いがはいります!

油絵とは、その名の通り顔料(絵具の元)に乾性油などを練り合わせてできたもの。水彩やアクリル絵具との大きな違いは高い透明性や発色を持ち、そして丈夫な画面をつくる事が可能です。だから、油絵で描かれた名画は後世に残っているんです。


まずはみなさん支持体選び!好きな形で、好きな種類を選びましょう。

飾り方も考えて、壁にかける場合は穴をあけておきます。



なにを描くは自由です。スタジオにあるモチーフを組み合わせ描くのもよし。想像力を駆使し、好きなテーマで描くのもよし。支持体の形から、描くものを決めてもよし。

そこから鉛筆で下書きです。




そして、レッツ油絵。



ドラゴンに、ロボット、石膏像、時計。なかなか良いモチーフじゃないですか〜!!

みなさん、選んだ板の形や色から発想して選んだのでしょう。時計を描いたRくんは板にもともとデザインされている茶色をうまく利用しました。

そして油絵は、厚塗りや薄塗り等、質感にもこだわれる画材です。かすれさせたり、あえて描かないところを残したり。

描き方や方法はありません。大事なのは「なにを描くか?どうやって描くか?どのように見せたいか?」です。方法や技術は二の次三の次です。


みなさんの作品、とくとご覧あれ〜!