リスク管理はアートで学べ


授業中によく子どもたちが、重たい道具や、難しい制作方法を

「やりたい!」と言ってきます。


「やりたい!」と言うのは、とてもいいことです。ただ、

そんな時、スタッフは瞬時にリスク(事故につながる危険性)を計算します。


例えば、ビスを木にさし込むインパクトという道具を使いたいという時は、

「重たいインパクトを持てるかな。」

「ビス穴とインパクトの先をうまく差し込めるかな。」

「押す力は充分にあるかな。」など、

先回りしてできないであろうことを予測します。


ただ、命に関わるリスクではない限り、基本的に使わせてあげます。

予測したことは大体当たりますが、その道具が使えなかったり、作業自体が高難易度でも、まずはやらせてあげるのが、とても大切だと思うのです。


大人が子どもより、先回りして考えられるのは、

大人自身が経験したからこそ、わかること。


子どもには、やったこと自体がないので、失敗するか、怪我をするか、想像がつきません。


体験しないことは、経験になりませんし、

経験しないことは、次にどのようにすればうまくいくかもわかりません。


命のリスクがない限り、まずはやらせてあげて、それがどれだけ難しいのか、身をもって味わせてあげることが、私たちが教えてあげることだと思うのです。


そこでできなく方が、必ず頭を使い、工夫します。

できないこと、つまり制約があった方が、考えるということです。


あそことあそこをつなげると、〇〇ができない。

〇〇と〇〇はくっつかないから、これとこれをつなげておく、

などなど、制作には制約が山ほどあります。


その制約をクリアしていくことが、方法(パターン)を何通りも知り、

頭の引き出しを多く作り、自主的に考えられることにつながります。


方法をいくつも考えられる子どもは、視野が広がります。この方法でダメなら、この方法で試す。この方法で成功したなら、あの方法でも成功する。


逆説的に、失敗のリスクも考えられるということです。つまりは、先のことを考えることができるんです。


ものづくりは、固定概念さえ無ければ無限のパターンがあります。素材や材料が豊富にあるパパパで、方法と実践を繰り返し、学校や学習塾では習えない、リスク管理をアートでどっぷり勉強してほしいと思います。


#リスクと向き合う

#リスク管理